スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミングアウト

6月21日は先代ジョナの命日でした。
名犬サーブの眠る長楽寺にお参りに行きました。
CIMG0613_800.jpg
この頃、デジカメもなく、写真もあまり残してないのですが
フォトスタンドにはこの写真を飾っております。
4ヶ月の頃のジョナはたれ耳でした。
たれ耳のハスキーなんてありえんでしょ・・・
CIMG0614_800.jpg
獣医は耳は立たないでしょうって言っていたけど
ならば・・・ドーベルマンの様に無理やり立たせればいいのかも~
耳の形にした厚紙をあてがいガムテープでぐるぐる巻きにして約1ヶ月位そのまま
なんとか立ったけど先端がちょっとよれた感じになってしまった・・・
でも、そのままだったら垂れ耳ハスキーだったのです。

9歳4ヶ月で不慮の事故に合い、短い命を絶ってしまった・・・
忘れたいのに鮮明なあの日の出来事・・・・未だに自責の念でいっぱいです。
次の日に長楽寺へ・・・
変わり果てたジョナの亡骸を一刻も早く荼毘に伏して欲しかったし
早々にジョナの食器やマットやリードも片付けてしまいました。
きっと最初からジョナがいなかった事にしたかった・・・
リセットしたかったのかもしれない。
フツーはそのまま残したい気持ちになると思うのでしょうね。
ロシェパパは私の行動を不思議だったかもしれない。
今でも先代の事は語りたくない気持ちもあります・・・・

ペットロスって他人事かと思っていたけど・・・まさか私が?
仕事の時は悲しいのに悲しい顔はしていられないし・・・
我慢してたら体調がどんどん悪くなってきましたわ~
すぐに次の子は考えられなかったなぁ~
ジョナに申し訳ない気持ちでいっぱいで・・・

結局1年ちょっとでロシェを迎えたのです。

ちょっと湿っぽい内容でこめんなさい~
おそらくこのブログでは初めてジョナの事語りました・・・・
ハンドルネーム「ジョナ」はほんの罪滅ぼしの気持ちです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ロシェママさん、「盲導犬サーブ」に反応しました。
お墓に行ったことはないのですが(今回、初めて知りました)、
一時期(中学、高校時代?)中部盲導犬協会に行っていたことがあり、
手術直後(3本脚になった直後)の姿も見てましたし、
お葬式にも行きました。
彼は、いろいろなものを残してくれてますよね~。
ジョナちゃんは、厚紙補正(!)の効果で立ち耳になったのですね♪

ジョナちゃんの命日やったんかぁ。

例え老衰で亡くしても謝る気持ちの方が多いわ。
事故で亡くしてしまったと聞いてたけど、ジョナさんがジョナちゃんの事をいつも気に掛けて大切に思ってるのは痛い程知ってるで。私なんてあかんと思いながらも未だに薙から離れられへんからジョナさんを見習わないとっていつも思ってるねんで。
愛情の掛け方はそれぞれやけど、愛情の深さは同じやもんね。ロシェクルちゃんへの愛情を見てたら、どれだけジョナちゃんが大事にされてたかわかるで。
しかしいつまで経っても命日は辛いよなぁぁぁぁぁーっ。

うちも命日が近いです

私もこの季節になると、いつも先代・ジョン兄ちゃんを思っています。そして、その時を思い出してしまいます。

“ジョナ”さんだから“ジョナ”がいたんだろうなあ・・・とは思ってました。
先代がいる人はみんな、おんなじ経験をして、おんなじ感情をもって、その積み重ねの上にそれぞれ今のわんこに愛を注いでいるんだろうなあって思います。

私ももうすぐお墓参りに行って、ジョンと語らってきます。
いつも、お兄ちゃんには無理なお願いをしています。
「華を守ってね」って。

No title

薙まま、いいこと言うわ…うちもジョナちゃんの詳しい事は聞いてへんけど、愛情の深さはみな、「我が家が一番!」だね♪
うちもアレパパはアレックスから離れへんし、どうしても坊ちゃんずを比較しちゃうんだな…みな、個性があるから同じにはならへんのやけどv-398
あ~そろそろお盆ですなぁv-473

No title

e-69華姉のおねぇ
へぇ~中部盲導犬協会でアルバイトでもしてたの?
名犬は違いますね~サーブのお墓(慰霊碑?)は特別ですよ。
我が家で飼ってた子達は合同の慰霊碑でみんな一緒です。
お骨も位牌も残す気にはなれなかったです。

もともと垂れ耳の子でもこうすると立つのかと疑問なんです。
e-69薙まま
事故でも老衰でも気持ちは一緒だね。
病気で亡くなっても、悔いは残るし・・・自分が守れなかった事が悲しいね・・・
生き別れて生死さえも分からないのもショックだね・・・
個々の亡くなり方、別れの時は同じ思いだね。
ただ・・今まで老衰で亡くした子ばかりだったので、ジョナの死は衝撃でした。
引きずってると言うより、あの日だけ思い出したくない。
この時期は十字架を背負ってる気分になります。
e-69華姉
ジョナとジョンで同じ響き同士、あっちで仲良くやってるかもね!
先代のおかげで今の子達に、このうえない愛情を注いでます。
でも逆に、先代にやってあげれなかった事がありすぎて悲しくもなりますね。
ジョン君にも合掌~
e-69アレパパ
アレ君も薙君も生前の姿を見てたので、アレ家と薙家の献身的な介護姿は忘れられんでー
私もジョナをそういう風に看取りたかったよなぁ~!
こんな話してると、時期にお盆ですなぁ~

ジョナちゃん

ジョナちゃん、きれいなお顔してたんですねぇ。
亡くなったしまったわんこに対して、あぁしてやればよかったとか、やっぱりいろいろ思いますよね。
でも、今となってはきっと、ずっと大好きでいてあげるってことが、一番いいんじゃないかなぁと思ってます。
うちの先代ちゃんは、お盆の終わりに、帰ってきていたであろう先住犬達と一緒に、川を渡っていきました。
私は先代ちゃんに、ハスキーの魅了をたくさん教えてもらいました。もし先代ちゃんがいなかったら、カンにも出会えなかったでしょう。
カンを見てるとふっと思い出す事があったり。そんな時、大好きだよって思うんです。

せやなー

盆かぁ~。盆やな~。

お別れの時

どんな形でも辛いですね。
ウチの先代達は病死と老衰死だったけど、やっぱり最期の時の事を思い出すと辛くて泣けちゃって仕方ありません。
でも、一緒に過ごした時間は間違いなく幸せだったと思ってるし、彼らも私と同じ様に思ってくれていたと信じてるんです。

一生懸命生きた彼らの犬生に敬意を払う意味でも
あの時もっと…って思うより、一緒に過ごしてくれて幸せだったよ。ありがとう!って
いつも彼らを思い出す時はそう感謝の言葉を空に向かって投げてます。

ジョナちゃんもママさんの事、大好きだったに違いありませんよ♪
もしかすると「苦しまないで」って言ってるかも…(*^_^*)

No title

e-69RINさん
亡くなってからじゃもう遅いですね。
後悔や懺悔の気持ちが頭の中で引き出されちゃうのが命日なのだと思います。
先代ちゃんはお盆の終わり頃が命日なんだね~
先代はハスだったのかな?カント君に出会えたのもハスの魅力にノックアウトだったんだ!
e-69薙まま~
お盆だね~高知だねぇ~
e-69紫苑まま
先代と過ごした事はホントありがとうの感謝でいっぱいだよ!
当たり前だけど事故に会って絶命した日が命日になるからつらいのねー
ほんの注意が足りなかった事で・・・
でも私が苦しんでたら、ジョナがかわいそうだね!
いつも感謝してますよ~

No title

ライ子の病状を聞いた時、現実的になられへんかった。
もちろん、これが命にすぐにかかわるとはいくら説明されても
理解ができなかった。。。。
でも、手術前に検査以降変わりはないか?と聞かれて
その時のライ子にとって膀胱炎ですら命にかかわる危険性があるってわかった時。
それでも理解できなかった…
死を受け入れられないって言うのはこれに似てるのかも。
詳しくは聞けなかったけど、ジョナちゃんのこと聞いてペットロスになった。。て言った
ジョナさんの表情は見て取れた。
でも、そこには深い愛情も見て取れたよ。ジョナさん、ロシェパパは我が家のカガミです!
なっ。。かいパパ!…ウンチ袋は常にポケットINや!!けっ

No title

e-69かいmam
ライ子のありえへん病状を目の当たりにして、きっと苦しかったと思うよ!
こんなに元気なのに!何でや~~!って
事実を受け止め、手術によって明るい希望がわいて前向きになるまでの数週間は
きっとペットロスに近いものがあったんだよね・・・
こんな時は家族や仲間に助けられるんだよね!

ウンチ袋・・・私も忘れているとロシェパパ渡されます。どこでもポケットです。
いつでも助かります!

可愛いジョナちゃん!

ご無沙汰してます!
元気ですか?
うちは、ウエスのアンが先日5歳になりました。
お転婆だったけど、最近大人しくて・・・
家の中にいても、呼ばないと
どこにいるんだか、存在がわかりません。

ジョナちゃん、なつかしいです。

よく、あの頃うちの茶ハスのチャコと黒柴のイブと
イベントに参加したよね。

ジョナちゃんの思い出は今でも忘れてませんよ。
本当に気の優しい子でした。
そして、甘えん坊。

お互い今は先住犬となり、そして新しい子を迎え、
癒されてますよね。

でも、いつまでも忘れられません。
彼女達の存在は。

私たち夫婦も時々お墓参りに行ってます。

ハスキー大好きな私!
チャンスがあったら、ハグさせてね。

No title

e-69アンママ
お久しぶりです。
アンちゃん、もう5歳ですか?おめでとう~
可愛いからまだ3歳くらいにしかみえないねー

早いものですね・・・
あの時ジョナが事故死した事がせつなくて苦しくて
誰かに思いを分かってもらいたくて・・・って、勝手にお手紙出してごめんね。
でも書く事で、誰かに分かってもらう事で少しは楽になったよ!
励ましてくれてありがとね。
・・・そしたら今度はイブちゃんが交通事故って聞いた時は体が震えたよ・・・
私はどうやって励ましたのか・・・全然覚えてない・・・
たぶん何も言えなかったのかもしれない~
でも、あの時の気持ちは同じだったと思うよ・・・
あの後はロシェとチャコちゃんと一緒に始めて清里へ旅行に行ったね!
でもチャコちゃんとあれが最後だったなんて・・・いい思い出だったよ~
今後は今いる子達と楽しい思い出をたくさん作り上げていこうね!
機会があったらハスのもっふもふの毛皮に埋もれて下さい。
私もアンちゃんを抱っこしてみたいです。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

 ロシェまま

Author: ロシェまま
クルーク
2006年2月14日生の男子
ルディ
2013年4月24日生の女子

ロシェ
2001年12月21日生~2012年11月29日没

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。